ジェルザークに必要な最大HP算出プログラム

20190530 ジェルザークの攻撃力を見直しました。参考資料:ツィート

必要な最大HPの考え方の例

僧侶はジェルザークの通常攻撃に耐える最大HPにしたい。
魔法使いは無理なので、スカラで守備力1段階上昇時、ジェルザークの通常攻撃に耐える最大HPにしたい。

と考えたときに使えるのが下記の最大HP算出プログラムです。

もっとも、魔法使いについては火力が重要であり、
目指す最大HPについては上記の他、色々な考え方がありそうで・・・

必要な最大HP算出プログラムの使い方(動画)

必要な最大HP算出プログラム

●ジェルザーク    
●守備力(プレイヤー)
●守備力上昇段数   
●打たれ名人       飾り石
●しんこうorまほうスキル(固有スキル)に
 受けるダメージ軽減を
●被ダメ上振れ     
             トップページでは動作しません
上記入力値より求まる必要な最大HPは である
 

ジェルザーク 魔法使いの立ち回り

概要

強さ3のジェルザークを魔法使いで倒す。簡単です。
もちろん、自分だけでは倒せませんので、
パーティメンバーには恵まれる必要がありますが。。。

気に掛けるべきことは下記の3点。
そんな程度でジェルザーク強さ3は倒せる!
それができなければ、ジェルザーク強さ3を倒すのは難しい;;
●壁・タゲ下がり意識
●魔法陣の共有
●メラガイアー、マヒャデドスの使いどころ

とにかく、壁・タゲ下がりを意識する

壁が成立していないときは、
何もしないでタゲが誰に向くかを見極める時間に当てなくてはいけません
そのくらい、壁意識は重要です。(リミット中はさすがに全力阻止を優先)

立ち回りは簡単!
翠光魔弾に注意しつつ、魔法戦士の背中を見て移動
自分がタゲを引いたら・・・。

自分がタゲを引いたら・・・(2つの状況がある)

通常時:子分がリミットマグマをしていない状況
→タゲ下がりでボスを魔法陣から引き離せ

最も重要なのは、魔法陣からしっかりボスを引き離すこと。

聖女がなかったり、落ちそうなときは「活命の杖」。

しっかり引き離せたら、「あたります」の声を掛けて誘発します。
しっかり引き離せていなければ、
できれば「壁を外しておk」「エンドまで引っ張る」等で引き離したい。

緊急時:子分がリミットマグマをしているor今にもしそうな状況
→基本は相撲反撃モードに移行する前に攻撃を受け、陣に戻る

マグマ阻止が最優先な状況で魔法使いがタゲを引いてしまった場合、
 →相撲反撃モードに移行する前にボスの攻撃を受け、陣に戻る。
 (相撲反撃モードに移行する前:ボスが通常行動を開始してから9秒以内)
  相撲反撃モードに移行すると通常行動+相撲反撃、
  合計2回の攻撃を続け様に食らうことになり危険。

魔法陣をもう一人の魔と共有して火力アップ

もう一人の魔の立ち位置を常に意識する

その時、壁が成立しているのか?
成立している場合、誰がタゲ下がりをしているのか?にもよりますが・・・

自分が、もう一人の魔の立ち位置に移動すべきなのか?
もう一人の魔に自分の立ち位置に移動してもらうべきなのか?

ケースバイケース。自分で判断できるようになるしかありません。

魔法陣はもう一人の魔と交互に出す

肝心なときに魔法陣を使えない状況だけは何としても避けたい
「マグマで分断されて魔法使いが離れ離れ、
かつ、リミット発動中で各々で魔法陣を出すしかない;;」
そんな場合を除いては魔法陣は交互に出さないといけません。

魔法使いの最優先コマンドは魔法陣!!!

リミット発動中
魔法使いの最優先コマンドは「魔法陣」です。

魔力覚醒ではありません!
先に魔法陣を出して魔力覚醒すれば、
もう一人の魔の呪文が1回多く暴走します。

魔法陣共有のメリット

魔法陣共有のメリットは魔法使いの火力の倍加だけではありません。

魔法戦士にとっては魔法使いの立ち位置がわかりやすくなり、
壁がしやすくなります。

僧侶にとっても、回復しやすくなりますし、聖女も掛けやすくなる。

メラガイアー、マヒャデドスの仕掛けどころ

フォースブレイクに合わせる

ダメージ量を1.5~2倍化するフォースブレイクに合わせるのが基本です。

ただし、暗黒の霧からのリミットマグマ警報がある場合は
打たずに残しておいたほうが安全な場合もあります。

ボルケーノ阻止、マグマ阻止

フォースブレイクが入っていない時は
魔法陣を必ず出してメラガイアーやデドスを使いましょう。

フォースブレイクが入っている時は
魔法陣なしでも一応大丈夫です。