翠将鬼ジェルザークに必要な最大HP:魔法使い

ソポスが欲しい;;

前提条件

翠将鬼ジェルザークに必要な最大HP:僧侶を参照

基本的な考え方は翠将鬼ジェルザークに必要な最大HP:僧侶と同じだが、
僧侶よりも守備力が小さすぎるため、
最大限に最大HPを増やしてもジェルザークの通常攻撃に耐えるのは困難。

魔法使いの最大HPは守備力1段階上昇時、
ジェルザークの通常攻撃を耐えるものにする

ジェルザークを倒せるパーティであれば、
僧侶は守備力1段階上げ(スクルト)する余裕があると思う??!

魔法使いは素の守備力ではジェルザークの通常攻撃に耐えるのは難しいが
守備力1段階上げが入れば、ジェルザークの通常攻撃に耐えることができる。

なお、本件最大HPを達成することは重要であるが、
同時にブレス耐性36%以上(体上ブレス耐性埋め30%+宝珠6%)は必須として
状態異常(転び・踊り)耐性も十分に確保したい。
また、何よりも炎の呪文の火力アップは最大限心掛けたい。

ジェルザークの攻撃力

強さ1:約1,550
強さ2:約1,560
強さ3:約1,570
翠将鬼ジェルザーク/聖守護者の闘戦記 | ドラクエ10極限攻略 参照

被ダメージの誤差

ジェルザークの通常攻撃によるプレイヤーの被ダメージは
プラスマイナス40の誤差(上振れ40、下振れ40)があるものとして
ダメージ量が上振れ40した状況を想定し算出する。

風の宝珠:打たれ名人

Lv1:受けるダメージを2軽減する
Lv2:受けるダメージを4軽減する
Lv3:受けるダメージを6軽減する
Lv4:受けるダメージを8軽減する
Lv5:受けるダメージを10軽減する
飾り石:受けるダメージを+2軽減する

職業固有スキル160~180P:被ダメージ軽減

160P:受けるダメージを3軽減する
170P:受けるダメージを5軽減する
180P:受けるダメージを10軽減する

通常攻撃による被ダメージ量の計算式
(守備力1段階上げされている状況を想定。盾の守備力無効。体上体下のツボ錬金による守備力無効)

被ダメ量=攻撃力/2-守備力×1.2/4-打たれ名人軽減-固有スキル軽減+被ダメ上振れ

必要な最大HP=被ダメ量+1

必要な最大HP算出例

●ジェルザーク強さ3:攻撃力1,570
●守備力:469(魔法使い)
●打たれ名人:Lv4+飾り石 → 10軽減
●固有スキル170P:受けるダメージ軽減 → 5軽減
●被ダメ上振れ:40

●●必要な最大HP = 1570/2 – 469×1.2/4 – 10 – 5 + 40 + 1 = 671
※※キャラのステータス:最大HPだけで足らない場合は
  料理:バランスパスタ等で補填して必要HPを達成します

必要な最大HP算出プログラム

●ジェルザーク   
●守備力(魔法使い)
●守備力上昇段数  
●打たれ名人      飾り石
●まほうスキル(魔法使い固有スキル)に
 受けるダメージ軽減を
●被ダメ上振れ    
           
上記入力値より求まる必要な最大HPは である
 

最後に

らいたの最大HPは630。バランスパスタ星3で30上乗せして660。
目標値の671に11足らないことが判明しました。

目標値は上振れの最大値40を想定しているため、8割方は耐えますが・・・

防具をソポスに変えて守備力アップ、
不屈の闘志をLv4からLv5に変更、
打たれ名人をLv4からLv5に変更、
そして、170Pスキルと180Pスキルを入れ替え。
すれば、、、目標値に届きますが。。。どうしましょ;;

目標値にこだわり過ぎるのもどうかと。
設定は立ち回りに影響が出ない範囲で見直すつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください