スコルパイド 賢者視点で考察 ~まもバト道具魔戦さんのための参考資料

Pocket

世界樹のしずくは発動が遅い

世界樹のしずくはベホマラーに比較して発動が遅いです。
賢者がベホマラーを使える状況かどうかは
その時のパーティの安全度を計る物差しと言えると思います。
例えば、ザオトーンアビス時、
賢者がしずくブッパしているようではおよそ勝ち目はありません
賢者は絶の震撃やブラッドウェーブを喰らうか、
しずくが間に合わず、仲間を落としてしまうはずです。

賢者は悟りを常時維持することが重要

賢者はベホマラーを常に使えるようにするためにも
悟りを常時維持することを第一に考えています。

賢者は雨が常に降っている状況を作ることが重要

スコルパイドで僧侶よりも回復能力に劣る賢者が採用されるのは
賢者が雨を持っているからです。
ザオトーンアビスにはぜひとも奇跡の雨を合わせたい。
仲間の残りHPが危うい状況では
世界樹のしずくでフォローしてあげると安全度が高まります。

悟りを維持し雨が降っている状況の賢者は余裕があります

悟り更新、雨更新、早詠みの杖、活命の杖等は、
ブラッドウェーブ、魔蝕等のタイミングでできます。
タゲ下がり壁更新の状況があればさらに楽になります。

悟りを失くした賢者は焦っています

事故で落ちて、蘇生してもらった直後の賢者は
急いで悟りと雨を実行し、パーティの安全度を高める必要があります。
ピンチなので、攻撃陣も攻撃の手を止め、
世界樹のしずくでフォローしてあげると安全度が高まります。

最後に

世界樹のしずくを使わない賢者は
決してケチってそうしているわけではありません。
むしろ、パーティの安全度を高めるために
世界樹のしずくは使わないようにしています。
(もちろん、他に手立てがない場面では使います)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください