スコルパイド 立ち回りメモ ~賢者視点

Pocket

まも構成(HPリンク)を想定したときの注意点をメモ。

来歴
20181030 レベル3と戦って感じたことを追記。
20181027 分散する災禍の立ち位置に関する注意点を追記。

ベホイム・ベホマラーは吹き出しに合わせて飛ばす
・・・そうすることで、次の攻撃が
ブラッドウェーブであっても絶の震撃であっても
比較的余裕を持って対処できる。
焦っているときほど、ブラッドウェーブに注意する
・・・回復が遅れても焦って回復してはいけない。
ブラッドウェーブを警戒した上で回復すること。
奇跡の雨のタイミング
・・・ザオトーン・アビス(吹き出し)に合わせるのがベスト
奇跡の雨をする時は魔蝕に注意する
・・・奇跡の雨をする時は
どうしてもスコルパイドに近寄りがちになるので
魔蝕を喰らわない距離感を掴む必要がある。
ザオトーン・アビス時、基本はベホマラー
・・・ベホイムで良い場合もあるが、
多くの場合はベホマラーのほうが安定する。
レベル3はいやしの雨が重要
・・・開幕後、早い段階で必要!
・・・いやしの雨は更新が難しいので、その習得も重要
分散する災禍
・・・レベル3では分散する災禍がきっかけで全滅しやすい
・・・分散する災禍を意識した位置取りを心掛けること。
分散する災禍→絶の震撃
・・・分散する災禍のあとは絶の震撃がよく来る。
・・・わたあめジャンプ必須。
死毒の旋風
・・・例えば、災禍→震撃→死毒のパターンは
4人が集まっていることがあり危険。
災禍死毒のパターンがあるかどうかは不明だが、
災禍の後は死毒を警戒し、
逃げる方向を予定しておく必要がある。
覇軍の法→絶の震撃
・・・必死パターン??!
タゲ下がり壁更新で隊列を維持するのは無理っぽい?
覇軍の法を避けるのは前衛の腕の見せ所?
分散する災禍→覇軍の法→絶の震撃
・・・分散する災禍
スコルパイドの近くで受けないように注意が必要。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください