レギルラッゾⅢに勝つために ~僧侶編

Pocket

磊太はらいたではYouTubeに多くの動画を投稿しています
ぜひ登録をお願いします!

ドラクエ10 牙王ゴースネル ~サポのみ 超超超大楽勝!が人気です

はじめに

1ヶ月後に実装されるバージョン4.3では
聖守護者第二弾が公開されます。
(実装直後の公開はないと思います)

第二弾の報酬(紫水晶の羽根)数は
レギルラッゾでもらえる個数+1になり、

また、レギルラッゾが強すぎましたので
第二段の聖守護者の強さは少し弱めに設定される?!

とすれば、
第二段の聖守護者が実装されると
野良でレギルラッゾⅢを遊ぶ人は今よりもさらに減ってしまうはず。。。

レギルラッゾⅢにまだ勝てていない人は急げ!です。

なお、この投稿で想定しているのはレベルⅢです。

レベルⅠやⅡであれば、細かなことに拘る必要はないと思います。
何回か遊んで最低限必要な立ち回りを覚えれば、勝てるようになると思います。

僧侶の基本姿勢

あまり慣れていない人は、
天占2僧や天2占僧等のいわゆる肉4構成が勝ちやすいかもしれません???
他の3人にカバーしてもらえるという利点がありますので。

が、この投稿では
天地雷鳴士+キラパン+キメラ+僧侶
を念頭に考察します。

職業構成の特徴

カカロンは4人の内、誰か一人でも生き残っていれば
仕事をし続けますので、
天使の守りを持つキメラと僧侶がいるこの構成は

メチャ強いレギルラッゾレベルⅢといえども、
運が悪いケースを除き、
全滅してしまうケースは少ないと思います。

安全性が高い代わりに
制限時間内に倒せるかどうか?
火力を出しきれるかどうか?が勝負になってきます。

火力を出せる状況をつくる鍵は
天地雷鳴士よりもむしろ僧侶が持っています

天使の守り

キメラに天使が入っていない時や
カカロンの消滅時間が近づいている時は
僧侶自身に天使の守りをすることを最優先するべきです。

一方、キメラに天使が入っていて
カカロンも当面消滅しない時は
僧侶自身の天使の守りは後回しにしても良いケースが多々あると思います。

聖女と女神

聖女はキメラも出来る。
し、むしろ、キメラの方が僧侶よりも優れている。

キメラに天使がある時はキメラに任せたい。
キメラに天使がない時は僧侶が積極的に聖女したい。

女神はHP2以上で発動する。
ロザってHP1で耐えた場合も温泉効果(10秒に1回復…期待値としては5秒後に1回復)を期待して活用できる。

女神は切り札とも言える効果があるので、無駄遣いは避けたい。
有効なケース、自身を含め誰かのHPが黃か赤の時は積極的に使いたい。

置きザオ

置きザオとは対象が死ぬ前からザオラルを発動させ即座に復活させることです。

置きザオは聖女と女神同様かそれ以上に重要な立ち回りと思います。

キラパン復活後の無敵時間はローガストの範囲攻撃を誘発させやすいため、成功すれば高い効果を得ることが出来ます。
自身に天使がありキメラにも天使がある状況ならば、危険を犯してでも積極的に行う価値があると思います。

一方、天地雷鳴士は安全な場所に位置取りしているはずですので、比較的気軽に置きザオ出来ると思います。
天地雷鳴士に対しては基本は聖女が良いとは思いますが。。。

聖水配り

天地雷鳴士は聖水配りが苦手です。
安全な場所に位置取ってコマンド操作するのが基本で
聖水配りには危険が伴うからです。
攻撃の手数も減ってしまいますし。。。

賢者の聖水で十分です(慣れるまでは妖精の霊薬が良いかも)ので、
僧侶が配ると良いです。
勝率が上がること請け合いです。

時間切れも途中全滅もどっちも負け

やみくもに天使の守りをするのではなく、
状況を見て、より火力が上がる立ち回りを心掛けたい。

タゲになったら受け入れる

僧侶に限らず、ボスのタゲになった人は受け入れる他ありません。

壁を利用し少しでも時間稼ぎをして・・・
それが成り立つのはキメラが壁で2匹のボスから同時にタゲられたときくらいのものかと???

他の人をブレス等の範囲攻撃に巻き込まないこと。
2匹を集める方向に逃げること。を心掛けたい。

重要なのは僧侶の命ではない

常闇を含め、これまでのバトルコンテンツは
僧侶の生存がそのままバトルの安定につながっていましたが、
レギルラッゾⅢはそうとは言えない。
(パーティの職業構成にもよるかもしれません)

僧侶自身の状況はもちろんのこと、
カカロンの状況、キメラの状況、アタッカーの状況を見つつ
さらにはボスの状況を見つつ、

自身を犠牲にしてでも
パーティの火力をより高める行動が必要だと思う。

ブレス耐性か?呪いガード100%か?

ブレス耐性を重要視するべきです!

実はブレス耐性と呪いガード100%の両立は難しくなかったりします。

呪いガード100%は
●破呪のリング:80%
●宝珠:10% or 12%
●輝石のベルト:8% or 10%
で実現します。

輝石のベルト:呪いガード8%以上
の取得を心配される方がいるかも知れませんが、心配ご無用???

お出かけ超便利ツールの王家の迷宮で
天箱20個も獲れば、1つくらいは取得できると思います。

なお、呪いガードは92%でも大丈夫だと思います。
呪われても2回に1回位は行動できますし、
死んで出直すのも手ですし、
2匹を集める場所に位置取りしつつ、
おはらいを繰り返すのが良いと思います。

ブレス耐性は80%で十分か?

ザオラルや天使で復活後、間もなく
絶対零度やダークネスブレスで死んだりはしていませんか?

僧侶は死ぬ頻度が高く、
フバーハがない状況を想定してブレス耐性を盛るべきです。

ブレス耐性は80%で満足するのではなく、
83%を、そしてその上を目指すべきです。

テンションなしの場合

絶対零度・ダークネスブレスによるダメージ量:
max 1550

ブレス耐性が80%の場合は
1550 × (1 – 0.80) = 310 のダメージを受けます

キャラの最大HPを530と仮定すれば、
ザオラルや天使による復活時のHPは265程度で
耐えることが出来ません。

ブレス耐性が83%の場合は
1550 × (1 – 0.83) = 264 のダメージのため

復活後、すぐに
絶対零度やダークネスブレスを喰らっても耐えます

※被ダメージ軽減の設定を宝珠:打たれ名人やスキル160~180で行うことにより、ブレス耐性が82%でも耐えるケースがあると思います。
※詳細はご自分でご確認ください。

テンション1段階目の場合

絶対零度・ダークネスブレスによるダメージ量:
max 1550 × 1.5倍 = 2635

ブレス耐性が90%の場合は
2635 × (1 – 0.90) = 264 のダメージのため

復活後、すぐに
絶対零度やダークネスブレスを喰らっても耐えます

※詳細はご自分でご確認ください。
※テンション1段階目のmax値が正しい値かどうかの検証は行っていません。

テンション2段階目の場合

絶対零度・ダークネスブレスによるダメージ量:
max 1550 × 2.0倍 = 3100

ブレス耐性が92%の場合は
3100 × (1 – 0.92) = 248 のダメージのため

復活後、すぐに
絶対零度やダークネスブレスを喰らっても耐えます

※詳細はご自分でご確認ください。
※テンション2段階目のmax値が正しい値かどうかの検証は行っていません。

テンション3段階目、4段階目の場合

3段階目の場合のダメージは2.5倍
4段階目の場合のダメージは3.5倍
です。

計算は割愛しますが、
ブレス耐性はあればあるほどに生存率が高まることを
確認できたかと思います。

最大HPは偶数にするべき(重要)

僧侶やキメラ等は
天使の守りで復活するとそのときのHPは
最大HPの半分(端数切捨て)となります。

聖女の守りはHPが最大HPの半分以上あるときに発動しますので

最大HP偶数→復活時HPは最大HP半分以上→聖女発動する
最大HP奇数→復活時HPは最大HP半分未満→聖女発動せず

です。
HPが最大HPの半分丁度の時、
HPは黄色表示のため錯覚するのですが・・・

運営さん、
こんなことを知ってるかどうかで
討伐難易度に差別化を図ることはあかんことです。

ともあれ、
天使で復活を繰り返す僧侶とキメラの最大HPが
偶数か奇数かはとても重要な問題です。

参考動画

私がレギルラッゾⅢ討伐目的で
出会った僧侶さんの中では一番上手い人かと。。。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください