鍛冶ツール完成!

Pocket

鍛冶職人ナビゲーションツール

完成しました。
ギルド依頼をこなしながらテストは続けますが、
使えるかと?!!

PC画面表示

iPhone・android画面表示

画像は解像度1200*1900のタブレットでの表示を
キャプチャしたものですが、
最近のiPhoneやandroidのスマホでも似た感じで
表示されているのではないかと思います。

厳しいですね;;
小さい文字を読もうとするとストレスが;;

要望があれば、
文字サイズをiPhone・android向けに見直します。

なければ見直しません。

Pocket

鍛冶:入力ダメージ候補値(鍛冶ツールの仕様)

Pocket

入力ダメージの候補値のベース

温度1000℃のとき、たたく(1.0倍)
(12,13,14,15,16,17,18)です

入力ダメージの候補値算出のパラメータ

  • 候補値のベース(12,13,14,15,16,17,18)
  • 温度
  • 特技倍率(手加減打ち0.5倍、乱れ打ち0.8倍、たたく1.0倍・・・)
  • 地金特性倍率(威力変化地金:2.0倍 0.5倍、会心マス地金:2.0倍)

です

入力ダメージの候補値の計算式

特技倍率が0.5、1.0、2.0、2.5、3.0
手加減打ち たたく 狙い打ち 2倍打ち 超4連打ち 熱風下し 3倍打ちのとき

計算値1 = 切り上げ(ベース(12,13,14,15,16,17,18) * 特技倍率)
計算値2 = (1000 + 温度) * 0.0005
計算値3 = 切り上げ(計算値1 * 計算値2)
入力ダメージの候補値 = 切り上げ(計算値3 * 地金特性倍率)

特技倍率が0.8、1.2
乱れ打ち 上下打ち 斜め打ち 上下狙い打ちのとき

計算値1 = 切り捨て(ベース(12,13,14,15,16,17,18) * 特技倍率)
計算値2 = (1000 + 温度) * 0.0005
計算値3 = 切り上げ(計算値1 * 計算値2)
入力ダメージの候補値 = 切り上げ(計算値3 * 地金特性倍率)

注意事項

計算式に切り上げ・切り捨てを含みますので、
javascriptやExcel等、PCを使って計算する場合は注意が必要です
例えば、切り上げ・切り捨て対象の数値が
15.00000001や14.99999999だった場合・・・

参考資料

DQ10フロンティア:防具鍛冶 ダメージ法則

Pocket

鍛冶:狙い打ちゾーン(鍛冶ツールの仕様)

Pocket

入力ダメージ値を
成功ゾーンに隠された大成功値ぴったりに止めて
誤差0にするためには、

狙い打ち会心を発生させるしかありません。

狙い打ち(上下狙い打ち)時の注意事項は2つ。

偽会心を発生させない

せっかく会心が発生しても
大成功値に届いていないのでは狙い打ちをした意味がありません

成功ゾーン最大値をオーバーしない

再生地金ならばまだしも
成功ゾーン最大値をオーバーすると出来の良さ★3が遠のきます

入力ダメージ値を狙い打ちゾーンに乗せて狙い打ち

狙い打ちゾーンの最小値44の位置から狙い打ちすると
入力ダメージ候補の最小値12で会心が発生しても
44 + 12 * 2 = 68
成功ゾーン最大値に届くので、偽会心は発生しません

狙い打ちゾーンの最大値50の位置から狙い打ちすると
入力ダメージ候補の最大値18が発生しても
50 + 18 = 68
成功ゾーン最大値をオーバーしません

Pocket

鍛冶:再生地金の進行度(鍛冶ツールの仕様)

Pocket

DQ10フロンティア : 小ネタ 鍛冶のゲージ戻り法則

にある情報を「鍛冶職人ツール」に反映しました。

再生地金では温度が200の倍数の時、
進行度が最大の部位が再生(もどり)する。

ただし、入力されたダメージ値が
成功ゾーンに収まっている部位は再生(もどり)しない。

計算式:
進行度=入力されたダメージ値/成功ゾーン最大値

です。

この情報がなければ、
・成功ゾーン平均値(最大値と最小値の平均値)
・大成功値(隠された値)
も進行度計算式のパラメータになり得るだけに・・・

Pocket

鍛冶:会心率の計算(鍛冶ツールの仕様)

Pocket

DQ10フロンティア:防具鍛冶 会心率 Ver1.5

(2013年9月の記事)にある情報を参考にしました。
というか、そのまま「鍛冶ツール」の会心率表示に反映しました。

コツを掴むと会心率が1%アップ

ねらい打ち時は
通常時の7倍の会心率(600%アップ)

会心ターン時は
通常時の5倍の会心率(400%アップ)

です。
上記のサイトは貴重な情報の宝庫と言っていい!
かゆいところに手が届いています。

Pocket